2004年03月03日

(56) カクテル

薄暗い店内では, 激しい音楽が流れています。パンクロック?のような感じでした。 そして若いアベックは, 軽い抱擁をしたり思い思いの時を過ごしていました。 客層としてはやはりパンク調のような一群のようなある種お客さん全体が仲間意識を共有しているような雰囲気に思えました。 そしてUmが店内に足を踏み入れたとき, ほとんどのお客さんはUmの方を振り向いて体中を一瞥しました。 多分肌の露出は同様に多いもののデザイン・素材・コーディネートの違いから来る異種の雰囲気に皆戸惑ったからだと思われました。
「いらっしゃいませ。お一人様でしょうか? ではこちらへどうぞ。」 スタッフがカウンターまで案内してくれました。 「お初めてのお客様ですね。 よろしければご注文をお伺いいたします。」スタイリッシュなバーテンダーが注文を伺いに来ます。
軽いカクテルを頼んでUmは店内の雰囲気を楽しみました。 バーの中は薄暗いとはいえやはり露出の多い服装で後ろの背中が丸出しでそして高い椅子に座っているため, 背中に熱い視線を感じました。
カクテルを少しずつ口にして時間をつぶしていると, 遠巻きに周りにいた男性グループの一人がUmの方に近づいてくるのでした。。。
posted by Umum_omom at 00:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記(50-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミステリアスにセクシーに・・
いよいよ核心かな?

ただ複数と男に攻められるのは似合わないかも。
何となくワクワクドキドキ・・

どうしようもなくなったら
Umさんに責任を取ってもらいましょう(爆)

Posted by じょん at 2004年03月03日 09:46
ミステリアスにセクシーに・・
いよいよ核心かな?

ただ複数と男に攻められるのは似合わないかも。
何となくワクワクドキドキ・・

どうしようもなくなったら
Umさんに責任を取ってもらいましょう(爆)

Posted by じょん at 2004年03月03日 09:46
Umさん
こんばんは!

見事な情景描写です。
一緒にいるような雰囲気です。

さて、これからどんな展開になるのかな?
ワクワクしちゃいますよ。
Posted by あき at 2004年03月03日 19:24
あきさん

Umって ミステリアスですか?

そんな風に表現されるのは初めてです。....Um
Posted by um at 2004年03月04日 00:50
あきさん

一緒にいるようだなんて,,,,

もしそうなったらどうしますか? 静かにお酒を楽しみます? ......Um
Posted by um at 2004年03月04日 00:51
男が近づいてきて,「ねえちゃん,・・・」というのでは2月28日の繰り返しになっちゃうぜ。それもまたばかばかしくておもしろいけど,いきなり股間のバットを振り回すというのもおもしろいぜ。ほかにどんな展開があるというんだよ。まずはお手並み拝見だぜ。ストーリーは相変わらず退屈だけど。
Posted by nassin atoyot, brother of toyopessan corobird at 2004年03月04日 21:14
nassin atoyot, brother of toyopessan corobird さん 

いらっしゃーい 

まずはお手並み拝見とか2月28日の繰り返し とかって結構くわしく読んでいただいているんですね

うふふ 股間のバットはおりこうさんですか?? ... Um for your Kokan's pet 

Posted by Um's reply at 2004年03月05日 02:26
Umをおれの股間のペットにだと?そこまで言うんなら,おれの股間で可愛がりまくってやるぜ。はにほりゃ,へにゃはりひちくりまくってやる。下の口がひくひくし,花弁と穴が入れて入れてと口を開き,愛液があそこを洪水にするのを感じるだろう!どうだ,Um。
Posted by nassin atoyot at 2004年03月06日 11:42
nassinさん

うーーん ひらがなを拾って読んでいくので精一杯で。

これって一体何なのですか? Umにとっては意味不明です, 申し訳ないですが ,,, Um
Posted by um at 2004年03月06日 12:40
ご苦労さん。
もちろん,意味なんかござらぬよ。
ただ勢いで書いただけ。
Posted by toyopessan corobird, nassin's brother at 2004年03月06日 14:35
Posted by at 2005年03月07日 19:01
相変わらずの文書能力の高さですね。
続きをワクワクしながら書き込んでいます。
ファンになってもいいですか?
Posted by ペガサス at 2006年10月25日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。