2004年03月15日

(62) 耳元

(ああん, いやっ, あん) 二人はUmとのダンスを心底楽しんでいるようでした。周りのペアもなんとなくUm達の変な様子に気付いたのか, チラッチラッと横目で見てきます。 中には, 堅く抱きしめあってディープキスをしていたのを中断してまでこちらを見ては, 不思議がるペアもいました。
あまり回りに気付かれて注目されるのが嫌なので, Umは抵抗の動きを少し弱めて, 身を堅くして二人のキスの雨をやり過ごそうとしました。 でもそれは, 二人を更に図にのせる結果になってしまいました。二人はUmのその心の迷いを逆に利用して更に激しくUmへの愛撫を強めてくるのでした。 そして二人から左右の耳を同時に舐めまわされまた腰への突き当たりも一層強くなり, ついに思わずUmは声を上げてしまうのでした。「ああん あん ああーーん」その喘ぎ声を耳元で聞いた二人は, 嬉々として更に執拗にキスを振りかけてくるのでした。


続きは,秘書UmのSecret Diary ; 2nd (63) シルエットです


Umがいます, 探してね (^^!
絶対会いたい人向け!
安心確実Hな出会い


posted by Umum_omom at 00:00| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記(60-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月13日

(61) 背ける

「それに近くで見てもすごく美人だ。きめも細かいし,肌も艶があって美しい。それに色っぽい唇だ。キスしようよ」言うか早いか二人は, 薄暗いステージの上で 前後からUmの唇と首筋に口を近づけてきました。「いやぁ そんな ダメよ ダメだってばぁ」Umはすばやく顔をそむけいやいやしました。 どうにかお口同士のキスは逃れたものの, 後ろのほうではうなじにキスをされました。

前から迫ってきたユウはUmのいやいやと顔を背けるのを見て目をぎらつかせては, 腰をぶつけてきます。「美人秘書さんよ, 減るものじゃないんだから キスしようよ, いい気持ちになるぜ」 ユウのピアスの付いた唇がUmの唇を追ってきます。Umの懸命の動きにユウは一旦あきらめたのか, Umの頬に口を付けてきました。そうして頬を嘗め回すようにキスをしてきました。 後ろのケンは, 耳たぶにキスの位置を変えてきていました。 

(あああっ そんな, 二人に同時にキスをされるなんて。 それにすき放題嘗め回されているわ。ああっいやぁ) 「うーーん, おいしいなUmさん。Umさん動いてくるといい香りが漂ってくるよ。ああいい香りだ, そしていい抱き心地だなぁ」 二人はご機嫌になってUmの肌を嘗め回していました。
posted by Umum_omom at 00:00| ニューヨーク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(60-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月11日

(60)DJ

「はーーい, ladies and gentleman, ようこそご来店いただきました。パッピーアワー, ごゆっくり そして とろけるように お楽しみください。lovely lovely night, welcome and have a good time. もっともっとパートナーを強く抱きしめて, intimate body communication, ok ok,,,」 DJが良いタイミングでアナウンスを入れます。 
それにつられて前後の二人は, Umを強く抱きしめてきました。というか体全体でUmを愛撫するようにしました。(ああっ,そんなぁ) 体全体に 若い熱い体温が伝わりました。ノーブラのおっぱいが潰されるように強く抱かれました。そしてUmの中心部付近に前後から硬い膨らみが押し付けられました。そして踊りのステップを踏むことでその押付けられる状態は微妙に変わりUmの体に刺激を与えました。
なにせ衣服といっても透けて見えるような生地ですし, ノーブラ・Tバックであるため外部からの刺激はほとんどじかにUmの体に押し寄せてきました。その二人の膨らみは一段と固さをまして来るのでした。
それに連れて, 二人の息遣いも激しくなってきました。「Umさん, なんて気持ち良い抱き心地なんだ。息子が暴れてしょうがない。ほうらこんなになってしまって」言いながら二人は, 腰を前後に動かしUmの体にぶつけてくるのでした。
posted by Umum_omom at 22:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記(60-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。